八重洲中央口交差点

八重洲中央口交差点の通行については、どのように右折すべきか、また自動車(タクシー)の動きが混沌としている状況にどのように対処すべきか・・・が疑問点のようである。
基本的には二段階右折を行うのだが、二段階目の待機時に交通状況を確認するなど、二段階右折の特性を活かし状況把握に努めるのが良いだろう。

自転車の右折方法

自転車は、交差点の右折は「常に二段階右折」である。
八重洲中央口交差点においても、二段階右折によって右折しなければならない。

二段階右折に入る際の注意事項

八重洲中央口交差点は、手前で左側二車線が左折道路になるため、第三車線であった車線が交差点直前では第一車線になる。
そのため、六本木二丁目交差点渋谷署前交差点と同様の要領で、あらかじめ第一・第二車線を「横断」し第三車線に移動しておくと良いだろう。

なお、通常の道路の横断と同様に、道路を通行する車両の方が優先となる。
第三車線への移動に際しては、後方確認をしっかり行う、状況に応じて停止するなど、他の車両の妨害とならないように努めよう。

第三車線への移動が困難である場合には、一時的に歩道・横断歩道を通行させてもらおう。

混沌地帯の状況確認

信号機による交通整理がなされた交差点で二段階右折をすると、右折時に右折方向の赤信号に従い一旦停止することになるが、このときが、交通状況を把握する絶好の機会となる。
混沌地帯に進入する前に、前後の交通状況をしっかり把握しておき、どのように進むのが良いかを検討しておくと良いだろう。

なお、状況によっては、上記の例と同様に、歩道を通行させてもらうことも選択肢となるだろう。
歩道通行時は「歩行者最優先」「常に徐行」を厳守しなければならない。

関連条文

道路交通法

(左折又は右折)

第34条

3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。