虎ノ門交差点

虎ノ門交差点で、レポーターのご希望通りに直進レーンを通行できるかどうかは、工事区域の先で第一車線(左折レーン)が姿を現した後の交通状況が、第二車線通行の継続が許される状況(第二車線を通行せざるを得ない状況)にあるかどうかによることとなる。

第二車線通行を継続できる条件

基本は第一車線通行

自転車は、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)を通行する場合には、基本的に第一車両通行帯(第一車線)を通行しなければならない。
工事などで第一車線が通行できないなどやむを得ないときは仕方がないが、工事区間が終わり第一車線が姿を現したならば、基本的に、第二車線から第一車線に戻らないといけない。

第二車線通行を継続できる条件

自転車は、上記のとおり第一車線通行が基本だが、第二車線を通行せざるを得ない「やむを得ないとき」には、第二車線を通行しても法的に問題ない。
レポートによると、虎ノ門交差点で第一車線が姿を現した先では、常に自動車が渋滞していて、第一車線に戻るには困難な状況だという。
この例ように、第一車線の車両が多く戻れない状況は、第二車線を通行できる「やむを得ないとき」に該当するものと解されている。
そのため、上記のような状況にあっては、第二車線の通行を継続して直進レーンから交差点に進入しても問題ないこととなる。


第二車線の通行を継続できる例

第一車線への進入が可能な場合

上記の状況とは異なり、第一車線への進入が比較的容易に可能な場合には、第二車線通行を継続できる「やむを得ないとき」には該当しないこととなる。
このような場合には、基本通りに、第一車線に戻らなければならない。

なお、第一車線内であればどの部分を通っても法律上問題ないので、このような場合には、第一車線の右側を通行するという方法も考えられる。
この部分を通ることにより、左折自動車との交錯を防ぐことができる。


第一車線の右側を通る例

ただ、虎ノ門交差点の車線は狭いので、スペースが十分にない場合には、無理なすり抜けなどは禁物。
車両の一員として渋滞に巻き込まれる覚悟も必要だ。

関連条文

道路交通法

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

3 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。