六本木二丁目交差点

六本木二丁目交差点を右方向に進むには、まずはY字路を右方向に進む基本的な方法を押さえておく必要がある。
また、客待ちタクシー等の存在により第二車線通行を余儀なくされることから、自転車の第二車線通行に関する法規定も覚えて置いた方が良いだろう。

右方向に進む基本的な方法

六本木二丁目交差点のような左右に分かれるY字路は、分岐点手前で第一・第二車線(左方向道路につながる車道)を「横断」し、第三車線(右方向につながる車道の左端)まで移動するのが、右方向に進む基本的な方法となる。


Y字路を右方向に進む方法

なお、通常の道路の横断と同様に、道路を通行する車両の方が優先となる。
第三車線への移動に際しては、後方確認をしっかり行う、状況に応じて停止するなど、他の車両の妨害とならないように努めよう。

第二車線の通行と右方向への進行

第二車線の通行について

自転車は、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)を通行する場合には、基本的に第一車両通行帯(第一車線)を通行しなければならないが、やむを得ないときには第二車線を通行することもできる。
客待ちタクシーがいるなど、路上駐車車両がいて第一車線を通行できない状況は、当然この「やむを得ないとき」に該当するため、第二車線を通行しても法律上問題ない。
また、このような状況において第二車線を通行する際の通行位置については特に規定されていないため、第二車線の右側を通行することも、やはり法律上問題ない。

第二車線通行時の右方向への進行方法

設問の状況においては、前記の理由により第二車線の右側を通行しても法律上問題ないこととなるため、Y字路で右方向に進むに際し、あらかじめ第二車線右端に位置することができれば、スムーズに右方向道路に進入できることとなる。
そこで、タクシー等の路駐車両を避けるために第二車線に移動したならば、交通状況を見極めつつ第二車線に右端まで移動し、分岐点手前で第三車線に入るのが良いだろう。


第二車線通行を応用した方法

なお、進路変更に際しては、後方車両の急ハンドル・急ブレーキを招くようなことをしてはならない。
後方確認をしっかり行う、可能であれば手信号による進路変更の合図を行うなどしよう。

関連条文

道路交通法

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

3 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。