馬場先門交差点

馬場先門交差点の通行については、自転車はどの程度左側に寄っているべきなのかが疑問点のようである。
まずは、自転車の通行位置は世間で言われているほど道路左端ではない、安全円滑に通行できる範囲で左に寄ればそれで十分と認識するのが良いだろう。

自転車の通行位置

車両通行帯の有無による通行位置の基本

自転車の通行位置は、車両通行帯の有無(片側1車線か2車線以上か)によって、法規定が異なってくる。

車両通行帯が設けられていない道路(片側一車線道路)では、基本的に「車道の左側端に寄って」通行することとなる。
あくまで「寄って」という程度であり、道路左端ぎりぎりを通行する必要はなく、また通行に適さない路肩等を通る必要もない。
どの程度左に寄るかについては道路状況や交通状況によることとなるが、道路の通行不適な部分を除いた左端から1.5m以内が、一応の目安となるだろう。

車両通行帯が設けられている道路(片側二車線以上の道路)では、基本的に第一車両通行帯(第一車線)を通行することとなる。
なお、左側端に寄る義務までは負わないので、少なくとも法律上は、第一車線内であればどこを通っても良いこととなる。

実際の交通においてどの程度左側に寄るべきか

前記のとおり、片側二車線以上の道路では、第一車線内を通れば良いため、馬場先門交差点においても、第一車線内を通ればそれで良いこととなる。
ただ、自動車の交通量の多い道路では、自転車は車両通行帯が設けられていても「道路の左側端に寄って」通行した方が無難な場合が多い。
また、道路を車両として通行する以上、他の車両に疑問を抱かせるような通行は安全上好ましくない。
そのため、片側二車線以上の道路にあっても、特に理由がなければ、左側端寄りを通行するようにするのが良いものと考える。

なお、左側端寄りといっても、前記のとおり、左端ぎりぎりや通行に適さない路肩を通る必要はない。
常識の範囲内で、ある程度左側に寄っていればそれで良い。

関連条文

道路交通法

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。