青山トンネル

青山トンネルの通行については、路上駐車車両がある場合の第二車線通行のほか、車道通行に恐怖感を覚える場合に歩道を通行しても良いかどうかが疑問点のようである。
第二車線の通行と併せ、路上駐車車両とどの程度の側方間隔を確保すべきかも考慮しておくと良いだろう。

路駐車両がいる道路の第二車線通行と側方間隔

路駐車両がいる道路の第二車線通行について

自転車は、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)を通行する場合には、基本的に第一車両通行帯(第一車線)を通行しなければならないが、やむを得ないときには第二車線を通行することもできる。
路上駐車車両がいて第一車線を通行できない状況は、当然この「やむを得ないとき」に該当するため、第二車線を通行しても法律上問題ない。

路駐車両との側方間隔

路駐車両を避けるために、その右側を通行する際には、その車両がいきなりドアを開ける、いきなり発車するなどの危険性がある。
そのため、路駐車両の右側ぎりぎりを通るべきではなく、十分な側方間隔を確保しなければならない。
路駐車両の種類や交通状況にもよるが、少なくとも1.5mくらいは側方間隔を確保すべきであろう。
また、このような状況において第二車線を通行する際の通行位置については特に規定されておらず、少々第二車線の内側に入りこんでも法律上問題ないので、堂々と安全な側方間隔を確保しよう。(何しろ悪いのは違法路駐車両だ。)

通行自動車との関係

いくら路駐車両がいるとはいえ、車道の中ほどを通行することについて、後ろめたさを感じるサイクリストもいるかもしれない。
しかし、諸悪の根源は違法路上駐車車両であるので、堂々と適切な場所(路駐車両の右側・側方間隔を確保した位置)を通って何ら問題ない。

また、この道路は片側3車線の道路であり、自転車の前に出たい自動車は、第三車線を通って追い越せば良いだけの話である。(かつ、それが法に定められた正しい追い越し方法である。)
その点からも、やはり堂々と適切な場所を通って差し支えない。

歩道通行の条件

自転車は、安全に車道を通行できない状況にある場合には、歩道を通行することが認められている。
また、そもそもこの道路の歩道は、「自転車通行可」の規制がなされている。
そのため、車道通行に恐怖ないし危険を感じるようであれば、歩道を通行しても差し支えない。

なお、歩道通行時は「歩行者最優先」「常に徐行」を厳守しなければならない。

関連条文

道路交通法

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

3 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(普通自転車の歩道通行)

第63条の4 普通自転車は、次に掲げるときは、第17条第1項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。

1 道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。

2 当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。

3 前2号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。

2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。