Q6.車道を走っていて歩行者用と車両用の信号がある交差点に。どちらに従えばい?

この設問は、車道通行自転車の交通に対面している信号機が、一般(車両用)の信号機か歩行者専用信号機か、また交差点の交通を整理する信号機はどちらの信号機か、という問題になります。
車道通行自転車の交通に対面し、交差点の交通を整理している信号機は、明らかに一般の信号機の方ですので、車道通行自転車は、一般の信号機に従うべきこととなります。

従うべき信号機

信号機は、『信号機に対面する交通について表示される』こととなっております。
また、交差点の交通に際しては、交差点の交通を整理する信号機に従うべきこととなります。
そのため、車道通行自転車は、車道の交通に対面し、交差点の交通を整理している方の信号機、すなわち一般(車両用)の信号機に従わなければならないこととなります。

関連条文

道路交通法

(公安委員会の交通規制)

第4条

4 信号機の表示する信号の意味その他信号機について必要な事項は、政令で定める。

(信号機の信号等に従う義務)

第7条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第1項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

道路交通法施行令

(信号の意味等)

第2条 法第4条第4項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同表の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。