Q4.陸橋の手前で左側に側道への分岐車線が出てきたのですが、左側に寄らなくちゃダメ?

この設問は、分岐車線が本線と同一の車道であるか、また分岐車線を示す表示は車両通行帯境界線に該当するかどうかという問題になります。
分岐車線は、本線とは独立した車道として扱われるため、自転車は、本線の左側端に寄って通行すれば良いこととなります。
また、分岐車線は車両通行帯境界線に該当しませんので、分岐車線側を通行しなくても、第一通行帯を通行する義務には違反しません。

分岐車線を示す表示の意味

分岐車線を示す表示は、区画線である「車線境界線」のうち、高速道路等の入口、出口、分岐点などにおける車線を示すために設けられるものです。
高速道路等の入口などは、本線道路と区画された一の車道として扱われるため、分岐車線を示す表示は、それぞれの車道の境界を示すこととなります。

分岐車線が設けられている区間の自転車の通行位置

本線側に車両通行帯が設けられていない場合

本線側に車両通行帯が設けられていない場合(本線側が一車線・片側一車線道路の場合)には、分岐車線を示す表示の右側端が、本線側の左側端となります。
自転車は、分岐車線を示す表示の右側に近い部分を通行することとなります。
目安としては、道路状況にもよりますものの、分岐車線を示す表示の右側1〜1.5m程度の位置を通行するのが適切と言えるでしょう。

本線側に車両通行帯が設けられている場合

本線側に車両通行帯が設けられている場合(本線側が片側二車線以上の場合)には、分岐車線を示す表示の一つ右側の車両通行帯(車線)が、本線側の第一車両通行帯(第一車線)となります。
自転車は、その第一車両通行帯の中を通行することとなります。
なおこの場合、自転車であっても、左側端に寄る義務は負いません。

関連条文

道路交通法

(左側寄り通行等)

第18条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。