Q10.自転車道が道路の反対側にしかない場合、そこを走らなくちゃダメ?

この設問は、片側のみに自転車道が設けられている道路において、自転車がその自転車道を通行する義務を負うかどうか、またそもそもその自転車道は道路交通法上の自転車道に該当するかどうかの問題となります。
自転車は、道路に道路交通法上の自転車道が設けられている場合には、設置場所が片側のみの場合であっても、基本的に自転車道を通行しなければなりませんが、自転車道の距離が短く頻繁な道路横断が生じる場合などは、『道路の状況によりやむを得ない場合』に該当するため、自転車道を通行する義務を負いません。
なお、歩道に設けられた自転車道や、歩道と一体となっている自転車道などは、道路交通法上の自転車道に該当しませんので、そのような自転車道についてはそもそも通行する義務がありません。

自転車道通行義務の除外規定について

自転車は、道路交通法上の自転車道が設けられた道路を通行する場合には、基本的にその自転車道を通行しなければなりません。
そのため、道路の進行方向右側にのみ自転車道が設けられている場合であっても、基本的に、その右側にある自転車道を通らなければなりません。

ただし、『道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合』には、自転車道の通行義務は負いません。
道路右側にしか自転車道顔設けられておらず、かつその自転車道の距離が短い場合には、自転車道を通れば頻繁に道路の横断を行わなければならなくなります。
このような状況は、『道路の状況によりやむを得ない場合』に該当するため、その自転車道を通行せずとも問題ないこととなります。

なお、どの程度の距離までが『やむを得ない場合』に該当するかにつきましては、明確な基準はありませんが、自転車道が1〜数km連続していなければ、数分の間に道路横断を余儀なくされるため、数kmに満たない距離しか連続していない自転車道については、通行義務がないと判断して差し支えないでしょう。

道路交通法上の自転車道について

道路交通法上の自転車道は、車道を区画することによって設けられたものであるため、歩道を区画することによって設けられた自転車道や、歩道と一体となっている構造の自転車道は、道路交通法上の自転車道には該当しません。
そのため自転車は、これらの自転車道については、そもそも通行義務を負いません。

関連条文

道路交通法

(定義)

第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

3の3 自転車道 自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された車道の部分をいう。

(自転車道の通行区分)

第63条の3 車体の大きさ及び構造が内閣府令で定める基準に適合する二輪又は三輪の自転車で、他の車両を牽引していないもの(以下この節において「普通自転車」という。)は、自転車道が設けられている道路においては、自転車道以外の車道を横断する場合及び道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければならない。