Q1.車道の左端は、側溝のふたや網などがあって走りにくい!

この設問は、道路における自転車の通行位置はどのように定められているかという問題になります。
自転車の道路における通行位置は、よく「車道の左端」と言われ、車道の左端ぎりぎりを通行しなければならないと考えている方も多くいらっしゃるようですが、実際はそこまで左に寄る必要はありません。

道路における自転車の通行位置

道路における自転車の通行位置は、車両通行帯が設けられていない道路(一車線・片側一車線道路)か車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)かによって、異なる規定となっています。

一車線・片側一車線の場合

一車線・片側一車線道路においては、自転車は「道路の左側端に寄って」通行することとされております。
ここで「左側端」とは、車道のうち、側溝のふたなどの車両の通行に適さない箇所を除いた部分の左端のことと考えて差し支えありません。
また「寄って」とは、「近寄って」ということを意味します。
そのため、自転車は必ずしも車道の左端ぎりぎりを通行する必要はありません。

なお、車道に左端にどの程度近寄るかについては、自転車の運転者自らが判断することとなり、道路交通法の目的に沿い安全・円滑に運転できる範囲で近寄れば良いこととなります。
目安としては、道路状況にもよりますものの、車道のうち、通行に適さない箇所を除いた部分の左端から1〜1.5m程度近寄れば十分と言えるでしょう。

片側二車線以上の場合

片側二車線以上の道路においては、自転車は第一通行帯(第一車線)を通行することとされております。
第一車線を通行することしか規定されていませんので、第一車線内であれば基本的にどこを通っても良いこととなります。
左端ぎりぎりを通行する必要がないことは、言うまでもありません。

左への寄り具合は3段階

自転車を含め車両は道路(車道)の左側を通行することとされておりますが、どの程度左に寄って通行するかについては、道路交通法上、次の3つの段階が規定されております。
項番が大きくなるほど、左に寄る度合いが高まることとなります。

  1. 左側に寄って通行する

    自動車や原動機付自転車の通行位置

  2. 左側端に寄って通行する

    自転車などの軽車両の通行位置

  3. できるかぎり左側端に寄って通行する

    左折車両等の通行位置

自転車の通行位置である「左側端に寄って通行する」は、3段階中2段階目ということになり、左折するときほど左に寄る必要はありません。
このことからも、自転車は左端ぎりぎりを通行する必要がないこととなります。

関連条文

道路交通法

(左側寄り通行等)

第18条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。